ボイストレーニング講師は絶対に自分に合った人を選ぼう


ボイストレーニングやボーカルレッスンを受ける際、大切になるのが講師のスタイルです。あなたが歌い込むスタイルなのか、それともウィスパーボイスでしっとり歌い上げるタイプなのか、ロックバンドでシャウトを交えたワイルドなスタイルなのか、R&B系やゴスペルなどで見られるパワーボーカルのタイプなのか…こういった、スタイルが同じ講師を選ばなければ、ボイストレーニングやレッスンを受けてもあまり効果的ではありません。もちろん、違うスタイルを吸収できるという面はあるものの、特にパワーボーカルやハイトーンボイスを良く使うスタイルの場合、喉の温存方法や使い方やスタミナ配分など、同じスタイルの先生でなければ細かいコツや方法がわかりません。ギターや鍵盤といった、指導方法が確立されていたり、フォームの正誤など目で見て明確にわかるパートと違い、ボーカルはそれぞれ身体の中で起こっていることは本人になってみなくてはわからないため、そういったスタイルが似通った講師に指導してもらうことが必要不可欠だからです。
また、ボイストレーニングは非常に難しいもので、例えスタイルが同じで優れたボーカリストに出会ったとしても、指導能力にも長けているという保証はないのです。逆に、演奏はそれほどでも、指導や生徒の能力やスタイルを把握するのが圧倒的に長けている先生もいます。これらはさまざまな先生に出会い、レッスンを受けて根気よく自分で選んでいくほかありあせん。